学校法人 福山暁の星学院 福山暁の星小学校

交通アクセス サイトマップ
トップ > 学校紹介

学校紹介

学校の生い立ち

  福山暁の星学院は、1864年マリー・テレーズ・ド・スビラン(フランス)の創立した、援助マリア修道会によって建てられた総合学園である。
  援助マリア修道会会員は、現在フランス・イギリス・アイルランド・イタリア・カメルーン・ミクロネシア・フィリピン・韓国・日本など世界各地で創立者の精神を受け継ぎ、その国、その時代の社会の要求に応えて、自己のすべてを捧げ神と人々に奉仕している。
  日本では、1949年にまず中学校が開設され学院の基礎が据えられた。つづいて1952年高等学校、1955年専門学校、1958年幼稚園が設けられ、小学校は修道会が創立されてちょうど100年後の1964年に開校。

援助マリア修道会創立者 マリー・テレーズ・ド・スビラン

教育方針

  本校の教育は、キリスト教精神に基づく人間尊重の基盤の上に立ち、小学校教育課程に則った授業の徹底深化をはかり、個性を伸ばし、自分に与えられた能力を十分に磨き、それを他の人のために奉仕する人間を育てることにつとめている。
  また、宗教・道徳教育をとおして『人間みなきょうだい』としての理解を深め、一人ひとりの使命感を養い、自分自身の価値を知り、真の人間性伸張につながる宗教心や人間観を培うことを大切にしている。
  さらに、臨海学校・林間学校・サマー子どもの世界などの夏季野外学習・クリスマス会等体験を重視した行事や総合的な学習をさらに発展充実させること、英語を取り入れ国際性を育てる等、学校のすべての領域にわたって全人教育を目指している。

暁の星小学校の子ども像 わたしたち暁の星の子どもは、みんな神の子として、 一人ひとり特別な使命をもっています。 暁の星小学校に学ぶ子どもは、 それぞれ自分に与えられた頭の力、心の力、体の力を せいいっぱい伸ばしていきます。 神の子は考える 深く考え、ただしいことを選べる子ども 神の子は強い 最後までやりぬくたくましい子ども 神の子は明るい 喜んで奉仕する子ども

沿革

1947年12月 4人のフランス人修道女来福
1964年4月 福山暁の星小学校開校 入学児童数28名
1968年7月 臨海学校(笠岡市真鍋島)始まる
1969年7月 林間学校(比婆郡尺田)始まる
1974年11月 サマー子どもの世界(宗教錬成会)始まる
1978年10月 学院創立30周年記念式典 小学校創立15周年
1988年10月 小学校創立25周年記念式典・記念演奏会
1992年4月 フランス語から英語への移行始まる
1993年10月 小学校30周年記念式典・記念演奏会
1998年10月 学院50周年記念式典・感謝ミサ 小学校創立35周年
2001年8月 コンピューター室完成
2002年3月 全教室に空調設備設置
2003年12月 小学校40周年記念クリスマス会・記念演奏会
2005年8月 イレーヌ館(新図工室・家庭科室・同窓会室)改築
2007年7月 援助マリア修道会 日本創立60周年を記念してアフリカ・ヨーロッパより20余名のシスター方来日。
全校児童歓迎会
2014年1月 創立50周年記念式典 新校舎完成
2014年3月 第45期生卒業(卒業生総数3085名)

交通アクセス

周辺地図

  • タクシー ( 福山駅から約10分 )

    料金は1,000 円程度
    (福山駅前タクシー乗り場から小学校正門まで)
  • 巡回バス まわローズ ( 福山駅から約16分 )

    青ルート 22番 三吉町南下車
  • 中国バス ( 福山駅から約15分 )

    深津住宅行 2番のりば 深津住宅下車
    道上 経由 油木・東城行 1番のりば 深津住宅下車
    深津隧道 経由 鋼管行2番のりば 西深津町2丁目または3丁目下車
  • 井笠バス ( 福山駅から約15分 )

    東深津 経由 坪生行 2番のりば 松原下車